Subrow’s Blog

キーワードは「京都」、「伝統工芸」、「ものづくり」です。京都に脈々と受継がれた伝統工芸やものづくり文化を、将来にどう伝え、発展させていくのか。いろいろな角度や目線から考えていきます。

ものづくりのコストに対する考え方

先週、ZOZOのYahoo!による買収が発表された。
最近のビジネスシーンでは何かと露出の多い、前澤友作孫正義、両氏ではあるが、まさかこういう絡みで並んで出てくるとは。

Amazonという小売/通販界のトップランナーが独走するなか、差別化の難しいこの業界で、このままZOZO単独で生き続けるのは厳しいのであろう。

そもそも、2兆5000億円を超える資金を研究開発費に注ぎ込むAmazonを、小売/通販業のカテゴリーで括るのは根本的に無理があるのだが。あのトヨタでさえ研究開発費は1兆円少々なのだから。

f:id:Subrow:20190915193429j:plain

量産品のコストの考え方

「良いもの」を作るために、何にどれだけのコストを充てるかは量産の世界と一品ものの世界では大きく違う。機械や設備を使って均質なものを大量に作るのと、手作りで一品一品を作るのでは、違って当然である。

ものづくりの世界においてはコスト低減は永遠のテーマであると、エンジニアとして仕込まれて育ってきた。100万個売ることを前提にした製品であれば、一個あたり100円コストを下げれば1億円のコスト低減が可能となる。これが量産メーカーエンジニアが向き合うコストの考え方の基盤である。

構造の簡素化や部品の共通化は設計部門が担うし、素材や部品の仕入コストならば調達部門が担うし、製造工程の合理化ならば製造部門が担うし、といったように分業されているが、組織としてそれを追い続けることでコストを減らし利益を捻出していく。もちろん、販売やアフターサービスまでも含めるともっともっと複雑なものなのだが、そこまで踏み込むと長くなるのでここでは省略する。


伝統工芸など一品もののコスト

伝統工芸などの一品ものには、それを当てはめるのは難しいと思われる。
代々受け継がれてきた伝統的な工法やノウハウがあり、材料や工具は専用に誂えられたものであり、そこには量産品のようなシステマチックなコスト低減が入り込む余地は、あまりないように感じる。

例えば、量産品では材料の仕入業者を幾つも競合させて仕入値を下げることなど日常茶飯時だが、伝統工芸品の世界では、材料が製品の価値を大きく左右するものがほとんどであろうし、そんな材料を準備出来る業者が幾つもあるとは思えない。ということは、自ずと寡占構造が出来上がりコストを下げることは難しい、となる。

しかし裏を返すと、それが一品ものの価値に繋がる部分でもあるのだが、あいにくその価値を正当に測る術は、残念ながら今の私は持ち合わせていない。前回も述べたように「良いもの」を作っても、売れないとビジネスは成立しないし、故に存続も難しくなるという、極めてシンプルな論理だけでしかない。


コストを下げるのか、高く売るのか

コストが1万円のものでも、買う側が100万円の価値を見出せば商取引は成立する、ビジネスの原理原則である。が、このような分野で、作り手側、売り手側がコストに神経質になることにどれだけの意味を見出せるのか、は、私には未知の領域である。それよりも価値をどうやって買い手側に伝えるか、に意味があると思うのではないだろうかと考えてしまう。

「良いものを作る」、「製品の価値を知ってもらう」、「コストを下げる」、「高く売る」、どれもがものづくりビジネスには大切なものだ。しかしそのバランスが、量産品と一品ものでは大きく異なるような気がしている。その中でも「コストを下げる」という部分の意識に最も大きな違いがあるのではないかと。

いずれにせよ、人から人に継承されていく伝統工芸のような世界では、その技術やノウハウに見合う報酬を得られることが、人材の確保、モチベーションの維持、醸成に繋がる大きな一つの要素であろう。

そしてその報酬をコストと捉えるのであれば、ビジネスとして成立し、存続が可能となる売値とコストのバランスに、もっともっと深堀し、見直せる部分があるのではないか、というのが量産メーカーエンジニアとしての目線である。

私が経験してきたものづくりの世界

9月も2週目に入り、半期の決算を迎える企業も多いことだろう。
国際的な会計基準を導入し四半期毎に決算を行う企業が一般的になって久しいが、現場の、特に営業部門にとっては、実績の進捗フォローに神経を尖らせる時期である。当然ながら目標未達であればリカバリーを求められ、目標をクリアしたらしたで更なる上積みを求められ、どちらにせよ営業は楽な仕事ではない。

私は組織内エンジニアとして社会人生活の大半を過ごしてきたので、営業担当者としてその種のプレッシャーに晒された経験はほとんどないが、一方で、極めて大雑把な言い方だが、エンジニアには「限られた予算の中でどれだけ良いものを作るか」という別のプレッシャーが存在する。そして実は、それが組織内エンジニアにとっての永遠のテーマでもある。

f:id:Subrow:20190908173522j:plain


ものづくりに携わる人のマインド

ものづくりに携わる人間は、自分が納得出来るレベルを満たす「良いもの」を作るため、時間を忘れ仕事に没頭する、または没頭したいと思うのが当然だ。それは組織内エンジニアであろうが伝統工芸の職人であろうが、共通した思いであり、行動でもあると思う。私もその種類の人間なのでよく理解出来るのだが、そこには往々にして「自己満足」が優先してしまうケースが多いのである。

「良いもの」であることは誰が判断するのか

量産品にはほぼ例外なく競合がある。買い手に選んでもらい、競合相手とその製品を凌駕しないとビジネスとして成功ではないのは言うまでもない。つまりは「良いもの」かどうかを決めるのは買う側であって、作る側ではないということだ。エンジニアがどれだけ高いレベルで「自己満足」を満たしても、買う側から選ばれなければ、要は失敗なのである。


時代の移り変わりへの適応

日本も高度成長期の頃までは、「良いもの」さえ作っていれば、市場は認め、製品は売れる、と大手量産品メーカーまでもが、そう思っていた時代だった。確かにその頃は、競合も情報も少なく、今ほどのシビアなビジネス環境ではなかった。

しかしその後の市場環境の変化によって、そうそうたる大手量産品メーカーが幾つも経営危機に陥り、事実上破綻したり、外資系資本に経営を譲ったのはご存知の通りである。私が推測するに、それらのメーカーは経験則に基づいた慢心や驕りから抜け出すことが出来なかったのだろう。

日本には「良いもの」を作るために受け継がれてきた文化や伝統が、今も脈々と受け継がれているが、この時代の移り変わりへの適応が後手に回り、ビジネスとして危機的な状況に置かれている領域も多いと聞く。

数百年もの伝統を持つものが「良いもの」であることは間違いないのであって、今後はそれを今の時代に適応させ、さらにもう一歩踏み込んで、どう次世代に繋げていくのかについて、量産メーカーエンジニアの目線で考えていきたい。

私が本格的にものづくりの世界に足を踏み入れたキッカケとは

9月に入り、今年も台風の季節だ。
京都を含む近畿地方も昨年は、平成最強とも云われた台風21号の襲来で甚大な被害を受けた。
平安京遷都とほぼ同時に建立されたとされる平野神社の本殿が風に煽られ倒壊したのをはじめ、嵐山渡月橋の欄干も横倒しになり、その他、二条城、北野天満宮など40か所近い旧所名跡で社の損壊や倒木の被害があったそうだ。今年はそのようなことのないように願いたいのだが、昨今の気象状況から察するにリスクは年々高まっていくのだろう。

そんな京都で私が生まれたのが、前回の東京オリンピックの翌年である1965年(昭和40年)である。
高度成長期の真っ只中で新幹線や高速道路などのインフラ整備が一気に進み、国民の暮らしも右肩上がりだった時代だ。

スーパーカーブーム

私の幼少期については前回書いたが、今回は、私を「ものづくり」にさらに傾倒させた、もう一つの大きな出来事について書きたい。

その出来事とは1976~1978年頃、つまり私が小学校から中学校に上がる前後に起こった「スーパーカーブーム」である。少年ジャンプに連載されていた「サーキットの狼」という漫画がキッカケで空前のブームとなった。(下の写真は当時人気No.1だったランボルギーニ カウンタック


f:id:Subrow:20190831180917p:plain

スーパーカー」とは高出力、高性能かつ美しいデザインを持ったスポーツカーの総称である。今でも高級スポーツカーとして有名な、フェラーリランボルギーニ、ポルシェなどが展示されるイベントがあちこちで開催され、カメラを持った小中高生が長蛇の列を作った。もちろん、私もその一人であったのだが。

そしてその後、F1などのモータースポーツが一大ブームになったこと、またバブル景気で大金を手にした人たちが、こぞってスーパーカーを乗り回していたことなどは、少なからず「スーパーカーブーム」の流れを継承していたのではないだろうかと思ってしまう。

エンジニアへの志と齢を経ての実感

少し前段が長くなってしまったが、私自身もこのブームに影響を受け自動車メーカーのエンジニアを志すことになる。前回で書いた幼少期の経験と重なって、自動車に「乗る」より「作る/造る/創る」に強い関心が向くようになっていたからである。そして何とか夢を叶え、自動車メーカーに就職しエンジニアになることが出来た。しかし当時を振り返ると、自動車が大好きではあったが、一方で「ものづくり」に対する意識や考え方はかなり漠然としたものであったように思う。

そして今になって、幼少期に体感した職人マインドが基盤となる手しごとの分野、そして後に職業として体感した合理的生産手法を追求する大量生産の分野、これらが同じ「ものづくり」でも、似て非なるものであることに今更ながら気づく。「ものづくり」の奥深さ、幅の広さ、更には、それぞれの作り手の考え方や思い入れなど、どれだけ掘り下げても掘り下げきれないものがあることを、この歳になってようやく気づき始めている。いや、ようやく頭の中で整理がつき始めてきたと云うほうが正しいかもしれない。

私は今後、そんな経験と思いを基盤に「ものづくり」の将来、特に「伝統工芸」の将来に何かお役に立てないか、と思っている。その思いは今後のブログで、少しずつ具体的に書いていきたい。

ものづくり(伝統工芸)への思い入れと原点

台風が通過したあとも残暑厳しい京都だが、秋の訪れも間近である。
最近では地球温暖化の影響か紅葉の見ごろも11月後半頃までズレ込んできている。
「そのうちクリスマスと紅葉の見ごろが重なるのでは」といった、なまじ冗談とも思えない話が出るのも無理はない。

今回は、そんな京都で生まれ育った私が、こうしてものづくりや伝統工芸について強い思い入れを持った経緯の一端について書かせて頂く。


鋳物工場で遊んだ幼少期

まず、私の最初のものづくりとの接点は、母の実家が鋳物工場であったところから。
規模は小さく、祖父が経営者で、従業員も親族のみだったので、母は私を生んでからも仕事を手伝いに行っていた。

といっても、鋳物工場がどんなものか詳しくご存知の方は多くないかもしれない。
鉄を熱して溶かし、砂で作った型に流し込み、冷えるのを待って取り出し、はみ出した部分や余分な部分を削って成型する、簡単に言えばそんな工程だ。
身近に見かけるものでいうとマンホールの蓋や釣り鐘などが鋳物製品であるが、バレンタインデーを前に女性が、チョコレートを湯煎して溶かし、ハート型に流し込む、それを鉄でやっている、といえばイメージが湧くだろうか。

当然ながら、典型的な3K(汚い、きつい、危険)職場であることは言うまでもない。
そもそも1500℃の溶けた鉄を扱う仕事である時点で、とんでもなく過酷な仕事であることは想像頂けると思うが、そこが私の幼少期の遊び場だった。


見よう見まね

大人にとっても非常に危険な環境であるのに、祖父や母は私が工場で遊ぶことに寛容だったようだ。
見よう見まねで砂型を作り、そこに水を流し込んだら崩れてしまって泣いた話は、私が大人になってからも、親類が集まった席で笑い話になっていた。

のちに母は「大ケガしたり死んだりしない範囲でなら、自分で身を以て危険を体感することが大事」
とよく言っていた。何でも先回りして、子どもに危険を回避させる親が多い現代とは考え方が違っていたのだろうと思う。


自分の原点

そういう生活が、小学校の低学年頃までの日常だった。
さすがに高学年になると帰宅時間も遅くなり、友達と遊ぶほうが楽しくなり、いつの間にか工場へ足を運ぶ機会も減った。

でもその幼少期に得たものづくり体験が、その後にエンジニアを志す基盤となる。

残念ながら、叔父が継いでいた工場も需要低迷のあおりを受けて十数年前に廃業してしまった。
しかしあの頃の工場の熱気や匂いや空気感は、今でも自分の原点だと思う今日この頃である。

京都の伝統工芸が抱える問題とは 

1200年を越える歴史を持つ京都において脈々と受け継がれてきた伝統工芸。

その長い歴史に培われ、職人たちのたゆまぬ努力で磨き続けられた価値と魅力は、今もって多くの人を惹き付け続ける。

 

外国人観光客

SNSの普及によって外国人の目に留まることも多くなった伝統工芸品。それを目当てに京都に来訪する外国人が多いことは想像に難しくない。

今では、市内外の土産物店は外国人であふれている。

西陣織、京友禅、清水焼、京くみひも、京扇子、京料理、、など、挙げればキリがないが、どれも外国人にとっては、神秘的、魅力的なようだ。

特に欧米からの来訪者にとって全くの異文化でもあり、工房の見学やものづくり体験は非常に人気が高く、数か月先まで予約が詰まっている工房もあるようだが、それについては、また別の機会に書くことにしたい。

 

f:id:Subrow:20190819111842j:plain

 

観光客目当てのビジネス

祇園や嵐山など人気スポットの近くには、安価で和装体験させてくれる店が乱立している。今の季節は浴衣が大人気。そしてもう少し気候がよくなれば、舞妓や芸妓のいで立ちで街を散策する外国人女性もよく見かける。

しかし実は、レンタルに使われている着物含む和装品は、京都で作られたものはほとんどないのが実態である。ほとんどが海外で生産された安価な品物であり、材質もポリエステルだったりするし、マジックテープで簡単に着付けが出来てしまう代物である。

ビジネスする側からすれば、コストや顧客の回転率を考えれば至極当たり前の発想であるのだが、京都の伝統工芸とはほとんど関連のない世界であることはご承知おき頂きたい。 

 

和装業界の実情

今、京都の和装業界は大変なピンチである。

下手をすると業界自体がなくなってしまう、すなわち伝統が途絶えてしまう窮地に陥っている。需要の減少に伴い原材料や設備の調達が難しくなり、後継人材が育たず職人は高齢化し60代が最も若い世代ともいわれる。

それは需要の減少、すなわち和装をする人が減少しているのが一番の原因であることは言うまでもない。もちろん、本物の西陣織の帯や京友禅の着物を購入して帰る外国人観光客もいるにはいるが、それで業界が存続していけるだけの需要は残念ながら生み出せてはいない。

言わば第二の産業革命といわれるIT情報社会の波に乗っていけなかったツケが、今になって表面化してきているのではなかろうか。そこには、伝統を守っていく使命感の強さのあまり、変化することへの抵抗感が邪魔をしていたのではないかと想像できる。

 

伝統工芸の将来

私は京都で生まれ育ち、京都の伝統工芸やものづくりをリスペクトしている一人である。

和装だけでなく、あらゆる伝統工芸の一品一品は職人の魂と伝統が刻み込まれた素晴らしいものである。私はそんな伝統工芸を未来に繋いでいくことに対して、何かお手伝い出来ないかを日々模索している。

私が何故このように、「京都」、「伝統工芸」、「ものづくり」をテーマにブログを立ち上げたかについてはこのような背景があるのだが、詳しくは追々語っていくこととしたい。

京都にとっての終戦の日

今年も8月15日が間もなく来る。74回目の「終戦の日」である。

巷では「終戦記念日」という人もいるが、あれだけの尊い人命を失い、多くの犠牲者を出した戦争が終わった日を「記念」と称する気にはなれない。

 

f:id:Subrow:20190813172312j:plain

京都の戦災

ご存知の方も多いと思うが京都は戦災をあまり受けていない。隣の大阪は何度も大空襲を受けており、京都市内からも大阪の街が真っ赤に燃えているのが見えた、と母や祖母から聞かされたが、それに比べれば市内数か所で爆撃を受けているとはいえ軽微なものであったようだ。

 

米軍の原爆投下計画

米軍が京都を通常爆撃の標的から外していたのには理由があった。当時開発中の新型爆弾、つまりは原爆の第一投下目標として想定していたからだ。

三方を山に囲まれ、適度に人口密度が高く、原爆の威力と効果を確認するのに絶好のロケーションであったため、敢えて通常爆撃はせず街並みを維持していたのだ。

しかし、当時の米国国務長官ヘンリー・スティムソンはその軍の意向を聞き入れず、大統領にも承認しないよう説得した。結果的に広島と小倉に目標が変更されたが、投下当日は小倉の気象条件が悪くて、長崎に投下されてしまった。

 

京都に原爆が投下されなかった理由

スティムソンが京都への投下に反対した理由は、逸話的にいくつか伝わっている。

・スティムソン自身が過去に何度か京都を訪れ、強い思い入れがあったから

・軍事都市でもない京都の一般市民を多数殺戮することで、ヒトラー以上に世界的な非難を浴びるかもしれないから

・日本の誇りでもある歴史的建造物や文化財を破壊することで日本国民の感情をさらに逆なでし、戦後の統治政策に影響が出るから

正直、本当のところは私には分からない。

少なくとも一般市民を大量殺戮したのは広島でも長崎でも同じなのだし、東京や大阪などでも爆撃によって焼け出され、家族や大切な人を失った市民一人ひとりにとっては、アメリカに対して憎悪しかなかったであろうし。

結果論として、京都には原爆が投下されなかった、ということでしかないし、小倉もまた同じである。

 

終戦後の京都

不幸中の幸い、という言葉が適切かどうか判らないが京都は大きな戦災を受けずに終戦を迎えた。日本の大都市で唯一といっても過言ではなかった。

ただ物資の不足は何処も同じなうえに、戦災を免れたことで他都市から流入してくる被災者も多く、生活も治安も非常に厳しい状態だった、と祖母は語っていた。

当初の計画では原爆投下目標地点は京都駅の西側、現在では梅小路公園京都鉄道博物館のある辺りだったらしい。

私の両親の実家はともに京都市内の中心部に近かったので、もし原爆が投下されていれば、両親も恐らく犠牲になっていたであろう。そう思うと、今こうして自分が生きていることが不思議に思えることがある。

 

文化財や伝統工芸への想い

京都はもともと平安京創生の際より、四神相応の都として青龍、白虎、朱雀、玄武が各方角を守護するものされている。戦火を免れたことと四神の関係は証明することは出来ないが、少なくとも平安京以降、脈々と受け継がれてきた文化財や伝統工芸は、今日に確実に守られ伝わっている。そしてメディアの発展を通じて多くの外国人を惹き付け、観光客の増加に至っている。

愚かな戦争でそれらが失われなかったことに感謝し、今後も絶やすことなく継承していけるような平和な世の中であって欲しいと、京都市民として終戦の日を迎えるたびに切に願っている。

京都地元民から見た世界文化遺産

ユネスコ世界遺産条約が採択され「顕著な普遍的価値を持つ物件」、「移動不可能な不動産」を定義に登録を開始したのが1972年。そして1994年に京都、滋賀に点在する17箇所の寺社仏閣や城郭が「古都京都の文化財」として指定された。

今や、それらが観光資源として観光客を惹き付け、京都の経済、引いては日本経済に貢献しているのは言うまでもない。

f:id:Subrow:20190728145758j:plain

実は、私は弘法大師ゆかりで五重の塔で有名な東寺(教王護国寺)の直ぐそばで育った。

そこは小学生の私にとって絶好の遊び場だった。周囲にある濠でフナやザリガニや亀などを採ったり、境内で野球もした。学校から写生にも行ったし。

でも、実際には境内でのボール遊びも、生物の殺生もNG。見つかったら坊さんにお堂に連れて行かれて正座させられた。土塀によじ登って瓦を落としたこともあったが、その時は逃げて帰って事なきを得た、、、もう時効ということで。

しかしそんな話を府外からの来訪者にすると、皆さん一様に驚くようだ。恐れ多くも世界遺産で、、、みたいな感じになるらしい。

実は身近にあり過ぎて世界遺産の価値や有難みを、一番わかっていないのは地元民ではないかと思う今日この頃である。